IFRSフォーラム「経理業務とExcelの深い関係」

Balancing The Account By Hand

ITmediaのIFRSフォーラムから「経理業務とExcelの深い関係」として3回にわたって解説記事が載っています。

表計算ソフトの歴史から振り返り、なぜ経理業務にExcelがそれほど多用されるのかを明らかにしたうえで、利用テクニックを整理しています。一方で、使いやすさゆえにブラックボックス・属人化してしまう危険性があることを指摘し、それを防ぐための方策を解説しています。最後にスプレッドシート統制上の留意点とExcelを活用したIFRS対応について触れています。
いずれも現場の目線で書かれたわかりやすい内容です。

The following two tabs change content below.

Akiyoshi KANEKO

業務プロセスを可視化(モデル化)し、その可視化されたドキュメントを中心においてプロジェクトを推進するアプローチを提唱している。経理・財務分野を主な専門領域として、業務プロセスの改善やシステム構築、組織体制の整備に関するコンサルティングに従事。プロジェクト現場では、「お互いの仕事を理解する」「現状の課題を共有する」「考えていることを相手に伝える」「新しいしくみを共有し実行まで落とし込む」よう関係者間の橋渡し役として活動する。著書『内部統制評価にみる「重要な欠陥」の判断実務』『阻害要因探しから始める決算早期化のテクニック』
スポンサーリンク
Ads by Google
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google