インテック「アサヒグループのMCFrame導入における”Fittingアプローチ”」とは

gap

飲料、食品メーカー大手のアサヒグループが、基幹系システムのグループ内の統合をはかり、年間5億円のコスト削減を目指しているという記事。

ニッカのアサヒ、年間5億円のコスト削減(ITmedia)

プロジェクトの概要

アサヒグループは、2011年7月に持株会社制へ統合したが、子会社はそれぞれ独自の基幹システムを使用していたそうです。今回のシステム導入で対象とした子会社は、ニッカウヰスキー、天野実業、和光堂、アサヒフードアンドヘルスケア、エルビーの5社とのことです。

同じグループ内とはいえ、会社ごとに扱う商材も違えば、現場のニーズも違うと思いますが、「MCFrame」というパッケージを採用し統合しました。

Fittingアプローチとは

この記事を読んで気になったのが、システム導入を担当したインテック社が提示した「Fittingアプローチ」という手法。詳細はリンク先の記事で確認して欲しいのですが、次のような手順を踏むそうです。

  1. テスト環境を用意する
  2. クライアントにMCFrameを3-4ヶ月試用
  3. MCFrameの標準機能に合わせて業務を再構築する
  4. そのフィードバックからシステムの構築に入る

また、記事によれば、Fittingアプローチの特徴は次の4つです。

  • 目的が不明な業務や重複している業務をやめ、業務の移管や集約を進めやすい
  • 既存のパッケージに合わせて業務を変えるという逆のアプローチである
  • 複数社で同時に導入を進める際に有効である
  • グループ全体のメリットになると判断した機能については、標準のテンプレートとして実装

業務に精通したパワーユーザーが中心になるとこのようなプロジェクトができると思いますが、具体的にどのように業務をパッケージに合わせたかは記事からはわかりません。個社特有のカスタマイズもあったと思いますし、アドオンはゼロではないと思います。

(12/15追記)関連する記事がIT Leaderからも出ていました。

アサヒホールディングス、中堅グループ企業の基幹システムを刷新(IT Leaders)

いわゆるFit & Gap(適合分析)ですが、おススメのやり方は、Tech Blog of A.Kの次の記事に書いています。

ERPパッケージ適合分析おススメのアプローチ【前編】
ERPパッケージ適合分析おススメのアプローチ【後編】

photo by:
The following two tabs change content below.

Akiyoshi KANEKO

業務プロセスを可視化(モデル化)し、その可視化されたドキュメントを中心においてプロジェクトを推進するアプローチを提唱している。経理・財務分野を主な専門領域として、業務プロセスの改善やシステム構築、組織体制の整備に関するコンサルティングに従事。プロジェクト現場では、「お互いの仕事を理解する」「現状の課題を共有する」「考えていることを相手に伝える」「新しいしくみを共有し実行まで落とし込む」よう関係者間の橋渡し役として活動する。著書『内部統制評価にみる「重要な欠陥」の判断実務』『阻害要因探しから始める決算早期化のテクニック』
スポンサーリンク
Ads by Google
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google