OBC「奉行シリーズがクラウド環境に対応」を発表

中堅・中小企業向けに基幹業務パッケージの奉行シリーズを提供しているオービックビジネスコンサルタント(OBC)が、「奉行i8」シリーズをIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)対応させた「奉行i8 for クラウド」を販売すると発表しました。

対応予定のパブリッククラウドサービス

リリースによると、奉行i8 for クラウドでは、次の3つのパブリッククラウドサービスに対応する予定で、今後も対応パブリッククラウドサービスの拡充を予定しているそうです。

  • Microsoft Azure(日本マイクロソフト株式会社)
  • SoftLayer(日本アイ・ビー・エム株式会社)
  • BIGLOBE クラウドホスティング(ビッグローブ株式会社)

Iaas型クラウドサービスとした理由

SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)型のサービス提供も考えられたと思いますが、今回IaaS型のサービスとした理由は、次のような考え方によるそうです。

  • クラウドサービスの構築は、奉行i8がカバーする基幹業務だけでなく、既存環境の移管と合わせて効果を発揮する
  • 奉行パートナー企業による導入支援・サポートといった協力体制で販売

(本記事は、クラウドサービスに関する情報提供を目的としており、特定の製品・ベンダーを強く推奨することを意図していません)

The following two tabs change content below.

Akiyoshi KANEKO

監査法人に勤務。組織内では、テクノロジー・ソリューションの企画・開発、構築局面における推進、運用局面におけるサポートの統括を担当。AWSの仮想デスクトップサービスであるWorkSpacesとGoogleのChromebookを組み合わせたセキュアなデスクトップ・ソリューションの構築を始め、様々なクラウドサービスの導入を推進。顧客企業向けに、マネジメント系のコンサルティング業務にも従事。