監査における不正リスク対応基準の公開草案

金融庁企業会計審議会監査部会が、「監査における不正リスク対応基準(仮称)の設定及び監査基準の改訂について(公開草案)」を取りまとめ、12月21日に公表しました。

12月11日の部会資料の基準案の内容に大きな変更はなく、JICPAが開催した緊急シンポジウムにおいて企業開示課長が、公開草案では盛り込みたいとコメントされていた適用対象となる企業に関する要件「非上場企業のうち資本金5億円未満又は売上高10億円未満かつ負債総額200億円未満の企業は除く(前文二3(1)内)」が追加されていました。

<過去の関連記事>

The following two tabs change content below.

Akiyoshi KANEKO

監査法人に勤務。組織内では、テクノロジー・ソリューションの企画・開発、構築局面における推進、運用局面におけるサポートの統括を担当。AWSの仮想デスクトップサービスであるWorkSpacesとGoogleのChromebookを組み合わせたセキュアなデスクトップ・ソリューションの構築を始め、様々なクラウドサービスの導入を推進。顧客企業向けに、マネジメント系のコンサルティング業務にも従事。