国際会計基準(IFRS)への当面の対応について(日本経団連)

Empire State Pigeon

不正リスク対応基準の設定に関する意見書が取りまとめられた同日の企業会計審議会総会ではIFRSについても審議されています。カナダや韓国におけるIFRSの適用状況、IFRS財団に関連した報告みたいですが、内容的に読んでみようと思ったのが経団連からの報告「国際会計基準(IFRS)への当面の対応について」です。

以下、個人的な備忘録

  • IFRSの適用にあたり、日本基準における実務をそのまま適用できるよう各社で工夫している実例が多い。
  • 開示負担に関しては、明らかにIFRSが過大な負荷となっていて、例えば、IFRS任意適用企業4社の有価証券報告書ページ数が増加している(年度決算で、適用前:平均62ページ、適用後:93ページ[50.0%増])。
  • IFRS任意適用企業(8社)、任意適用公表企業(8社)のほか、経団連IFRS実務対応検討会参加企業、その他最近の新聞報道等で適用が伝えられている企業の合計は約60社で、その時価総額は約75 兆円(各国市場の時価総額(2012年末)韓国100兆円、ロシア70兆円、シンガポール65兆円)
  • IFRSの任意適用の要件緩和ができないか問題提起
The following two tabs change content below.

Akiyoshi KANEKO

業務プロセスを可視化(モデル化)し、その可視化されたドキュメントを中心においてプロジェクトを推進するアプローチを提唱している。経理・財務分野を主な専門領域として、業務プロセスの改善やシステム構築、組織体制の整備に関するコンサルティングに従事。プロジェクト現場では、「お互いの仕事を理解する」「現状の課題を共有する」「考えていることを相手に伝える」「新しいしくみを共有し実行まで落とし込む」よう関係者間の橋渡し役として活動する。著書『内部統制評価にみる「重要な欠陥」の判断実務』『阻害要因探しから始める決算早期化のテクニック』
スポンサーリンク
Ads by Google
Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
Ads by Google